市販のカラー剤と美容室のカラーの違い皆さんご存知ですか?

こんにちは、みかえりびじんのでれくたーの神田です。

今日は市販のカラーと美容室のカラーの違いのお話をしたいと思います。

市販のヘアカラー(ホームカラー、セルフカラー)と
美容院で染めるカラーの違いを見てみましょう。

セルフカラーと業務用カラーの共通点は、薬剤の成分です。
1剤・2剤の成分はほとんど同じ。
1剤は、髪に入れる色素になる薬剤とアルカリ剤を合わせたもの。
2剤は、アルカリと反応してブリーチ作用を起こす過酸化水素水です。

ブリーチで髪のメラニン色素を壊して脱色し、そこへ色素を入れる。
この仕組みは、どちらも同じです。

違うのは薬剤の配合量です。
美容院では新しい髪が生えてきたばかりの根元と
生えてから時間が経った毛先を区別して、別々に薬剤を作ります。

染まりにくい根元はブリーチ作用を強めに。
何回か染めて傷んだ毛先はブリーチ作用を弱くする。
髪のダメージがひどければ、染める前に前処理をして傷み対策をします。

結果的に、美容院で染める方が髪には優しいです。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

セルフカラーで失敗したら

「カラー剤の箱と同じ色に染めたい!」と自分でブリーチをしたり、
気に入る色を目指して短期間に何回も染めると
イメージと全然違う色に染まることがあります。

カラーの失敗、色ムラを修正するのは美容院の領域です。
自分で直そうとしてセルフカラーを繰り返すと
プロでもきれいに染め直すのが難しい状態になります。
失敗したと思ったらすぐ美容院へ行きましょう。

今ならお得なカラーのキャンペーン実施中!

 

kire1

お得なキャンペーン実施中!

お問い合わせは下記まで!

ru

広告

みかえりびじん神田サロントレンド日記 について

埼玉県深谷市花園~寄居町~小川町~嵐山町~東松山市~鶴ヶ島市の美容室です。私 みかえりびじんの神田です。これからどんどん美容の情報を発信致します。カット、パーマ、サロン情報をお楽しみに!
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中