これからの時期 髪の乾燥に気をちけましょう!

 

みなさん、こんにちは  みかえりびじんディレクターの神田です。

これからの季節、静電気が発生しやすい季節です。皆さん静電気のメカニズムと対処法をご存知ですか?

これを見て正しい対処法を実践してみては、いかがですか?

ブラッシングしていたら『静電気がビリっときた…』なんて経験ありませんか?
『静電気』は、体から出る皮脂(アブラ)と汗(水分)が交じり合った保護膜が乾燥によって不足して起きやすくなります。
この保護膜は、色々な雑菌から体を守り、髪や素肌に天然のクリームとして、水分の蒸発を防ぎ、潤いを与えている大切なものなのです。
ところが洗浄力の強いシャンプーで毎日洗髪し、強力なドライヤーで必要以上に乾燥させ、アルコールのたっぷり入ったスタイリング剤を髪につけていれば、当然髪はパサパサ、ツヤがなくなり、乾燥に拍車をかけることになります。
特に乾燥している冬には『静電気による脱毛』に気をつけましょう。

ナイロン製のブラシで乾いた髪をブラッシングすると、ブラシと髪のあいだにで電気が発生します。この電気は毛幹を通って髪の毛を作っている毛乳頭の部分でショートしてしまいます。そのため毛髪と毛乳頭との間に細かな気泡が発生し、毛球は萎縮してしまいます。

少しくらいの気泡であれば、そのうち消えてしまいますが、こんな無理をしたブラッシングを毎日繰り返していては、毛は毛乳頭から浮き上がり、ついには乳頭剥離を起こして、細胞は角化して固着力を失い、脱毛してしまいます。 

静電気は言ってみれば自分の頭に護身用のスタンガンを当てているようなものです。この高電圧で(ヘアダイ毛や損傷毛では、実に5~6万ボルト以上発生する場合もあります。)毛根が萎縮し、抜けたら最後2度と生えてこないかもしれないのです。
また、静電気の起こりやすい人と、そうでもない人には“体内のマイナスイオンの足りないこと”が原因で体内バランスが崩れた結果というありますので、バランスの良い食生活と疲れをためないことも肝心です。

スライド9

 

 静電気対策 

  • 放電のため裸足でブラッシングすると静電気の発生が減少します。

  • 乾燥した髪の毛にブラッシングすると静電気が発生しやすいので、霧吹きなどで少し湿らせて、毛先から少しずつ とかしていくと発生を抑えられます。

  • ドライヤーは15cmほど放して、一ヶ所に集中させないで乾かします。

  • 後は、アウトバストリートメントをしっかりつけて、水分・油分補給をすればOK!

  • 4KOMA5

  • お問い合わせは 下記まで!

  • ru

広告

みかえりびじん神田サロントレンド日記 について

埼玉県深谷市花園~寄居町~小川町~嵐山町~東松山市~鶴ヶ島市の美容室です。私 みかえりびじんの神田です。これからどんどん美容の情報を発信致します。カット、パーマ、サロン情報をお楽しみに!
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中